鉄道模型

1218 ホビセンフェスティバル

今日は、ホビーセンターカトーで初開催された、「ホビセンフェスティバル」にDCC電子工作連合の一員として参加して来ました。 開店と同時に準備開始。 昼頃より、メインのセレモニーが始まりました。(鉄道模型コンテスト2016の優秀作品の展示と作成者のプレ…

DSdecR1で「TOMIX TCS電動ターンテーブルN」を(簡易的に)動かす!!

数か月間にわたって、車をレストアしていたので電車関連が疎かになっておりましたが、無事に車検も取れ乗り換え出来ましたので、ぼちぼち復帰して行こうと思います。 先ずは、皆さんが手を付けていない分野の「DS機器の応用編」としてやっておかなければなら…

スマイルコネクタ Ver.2 (短縮化) その2

幅方向の寸法も含め、全体の寸法をまとめてみました。 基本的な寸法は、コネクタ仕様書の〔インチ〕表示を〔mm〕数値に変換して設定しています。数値はある程度丸めてあります。 45度の始まり部分は数値を丸めて3.3mmとしています。片側表示ですが、採用され…

スマイルコネクタ Ver.2 (短縮化)

スマイルコネクタを考案してから、そろそろ1年程経とうとしている今日この頃、他方にてDCCデコーダの開発も進み、開発ラッシュとも言える?状況になっており、小型化への要求も増して来ているのをひしひしと感じています。そこで、カードエッジコネクタの小…

DSdecR4完成版 と ワンコインデコーダ3

だいぶ時間が空いてしまいましたが、生存確認の意味も込めて、作業をアップしておきます。 昨日、DSdecR4完成版が届きましたので、早速眺めて見ましょう。こんなルーペで観察してみましたが、特に不具合は見当たらず。 まず一言、チップ部品の取り付けを回避…

Desktop Station「DSmainR5」を組み立てる。

ようやく重い腰を上げ「DSmainR5」の組み立てに着手しました。 LCDはフジガヤさんの製作例に倣いバックライト付きの物に変更。当初バックライト配線用の穴は、LCDユニットの寸法通りにピンバイスで開口しましたが、設置位置を下寄りにオフセットする為にヤス…

Desktop Station 「DSCoreの書き込み方法」

あれは半年以上前の事です・・・。DSmainR2の「DSCore」を書き換えしようと試行錯誤していた「折」、その字の如くATMEGA88の足を「折」ってしまって・・・そして心も「折」れて・・・頓挫し放置されたままとなっておりました。 この度、BTオプションの動作検…

DSmainR5(Prototype) をBT内臓に改造。 

今回は、DSmainR5(Prototype)にBluetoothを内臓させるべく、作業を開始。改造には秋月電子のBluetoothモジュールを使います。 マイクロチップ Bluetoothモジュール RN-42-I/RM +R4BTオプション基板かピッチ変換基盤又はRN-42 Bluetooth 2mmピッチ変換モジ…

Desktop Station 「Webアプリサーバー」を試す。その3      <Windows7 SoftAP編>

Windows7のSoftAPについて、今一度、手順を追って再設定をしています。 結論から言いますと、「有線LANを接続せずとも動く」事が確認出来ました。ICSとSoftAPの設定を一旦削除したら、再度設定しても動かなくなってしまったり、状況を判断する為に数時間格闘…

Desktop Station 「Webアプリサーバー」を試す。その2      <Connectify Hotspot 2016編>

展示会や走行会等にDSシステムを持ち運ぶ際に、極力荷物を少なくするには、機能を凝縮させてあげる事が必要と考えます。昨今のスマートフォン時全盛時代に、「出先でPCを無線LANでインターネットに繋げなければ成らない場面はそうそう無い」と考えると、サー…

Desktop Station 「Webアプリサーバー」を試す。その1      <無線LANルーター編>

Desktop Station Softwareの新機能として、「Webアプリサーバー」を実装中との事で早速試してみました。まず準備として、今後の出張用途に極力小さい無線ルータを用意しました。今回もハードオフで未使用に近い物を見つけて購入してきました。ハブ部の規格は…

スマイルコネクタのロゴを作ってみました。

以前より、やあさん様の「Desktop Station」の機関車ロゴを見ていて、いいロゴだなーっと思っていました。 そこで私めも、娘の力を借りつつ知恵を絞って「Smile Connector」のロゴを考えてみました。(構想2晩で完成。) 現行の、「Type-A」及び「Type-P」…

ポイントデコーダ「DSdecR1」の耐圧向上

DSdecR1の耐圧を上げるには、レギュレータの特性改善が有効との事で、部品を探したがSOT-23-3パッケージの物を入手するのは難しそうです。何か良い方法は無いかと考える・・・。そういえば「Pro Mini」の電源周りの記憶がかすかに・・・。 そうだこの手が有った!…

ミント缶(改)「ミント缶ポイントコントローラー」

ミント缶コントローラーのボタンを、「ぱっかーん」としなくても操作出来る様に改造しました。相変わらず、適当な穴あけです。ついでと言っては何ですが(どちらがついでなのか?)、やあさん様に相談の上、ミント缶コントローラーのスケッチを、ポイント(…

「ポイント用デコーダ2」を昇圧仕様に。その2

「昇圧版ポイント用デコーダ2」を、スマイルラインで実戦テストしてみました。ポイント切換え用にDSmainR4、走行確認用にDCS50Kを接続し別電源でテストを行います。(テスターで確認し、電圧が安定してから切換え操作を行います。およそ2秒程度の待ち時間と…

「ポイント用デコーダ2」を昇圧仕様に。

ぬっきいさんの「ポイント用デコーダ2」に、話題の昇圧回路を試してみる事にしました。 事前調べでは、R1を撤去の上、JP1に昇圧回路を接続し、GNDはC3マイナスに接続すれば良いはずだったのだが・・・、突入電流の影響か?LEDが点かない。いろいろ試して起動手…

DCS50Kの予防修繕

ぬっきいさんの記事を見ていて、何時かうちでも起こると思いコンデンサ交換をしておく事にしました。 ゴム足を剥がし、ビスを4本外すと内部にアクセス出来ます。 使用するコンデンサは標準の25V品ではなく、35V2200μFルビコンZLHとしました。やあさん様曰く…

DSmainR5 量産試作ケース到着

DSmainR5の量産試作ケースが到着しました。ケース設計は初めてなので、ちゃんと加工出来るか心配でしたが、綺麗に出来るものですね。(多少、加工上の制約は有りますが。) さてと、まだやらなければならない事が残っておりますので、しっかりと進めて行きま…

ミント缶コントローラ 仮?ケース作製

息子の常用に、ミント缶コントローラーを渡そうと思いはしたものの、裸のまま渡すのはどうなんだろう?と思う日々。先日、行き付けハードオフのジャンクコーナー巡回中に、丁度良いもの見つけました。 SONYのAITデータ記録用テープです。(サイズ的に8ミリビ…

ポイントデコーダー「DSdecR1」 その2  何で?

DCS50Kが復活し、息を吹き返した私で御座います。本日も、ポイントデコーダー「DSdecR1」を検証しています。 今回はDSmainR4及びKeepAliveコンデンサ(1000uFのみ)を取り付けた状態です。(故障と思いもう1台組み立てました。) 先ず、デコーダ単体を直結し…

ポイントデコーダー「DSdecR1」 と 「蛇足」と「反省」のち「復活」

今や、世界の共通語になりつつある、日本人の心「勿体無い:MOTTAINAI」。その精神を今一度思い出し、半田付けだけしたままでブローチと化した「DSdecR1」を発掘してきました。(この2台は一度も火入れをしていません。他2台は、組み立てすらしていません。…

☆DCC実戦配備へ☆

書籍購入で、いろいろ使い方が判って来た所で、先日「ぬっきぃさん」に提供して頂いた「ポイント用デコーダ2」を試してみる事にしました。訳有って、TOMIXの3線式ポイントを動かします。TOMIXの旧々型レール(茶色道床)です。 3線式ポイントは直進・分岐…

今更ながら・・・

ネット上の記事を頼りに、手探りでDCCに手を付けている私ですが、理解不足なのが明白なので、基本を学ぶべく書籍を購入しました。 所有している「KATO D101」は、中古で購入したので説明書が無く「なんとなく動かしていた」といった感じでしょうか?書籍中に…

Desktop Staion「ケースの検討」

週末は、次期「DSmeister」改め「DSmainR5」のケース検討及び加工作業をしていました。 図面との整合確認と、試作基板に合わせて穴あけをしていきます。開口具合を見て、図面も修正していきます。 右前上方より。 左後ろ上方より。 前面はこんな感じです。(…

Desktop Staion「DSdec R3 車両搭載へ その2 と 3」

今度は、KATO 183系1000番台にデコーダ搭載します。 ボディを外し、床も外します。モーター端子・配線には熱収縮チューブを被せ、絶縁しましょう。 モーターと集電プレートに半田付け。 デコーダ設置の為、背もたれをカット。 これで、ボディ内に収まります…

Desktop Staion「DSdec R3 車両搭載へ」

だいぶ時間が開きましたが、久々の更新です。この土日、2日間で「ミント缶DCCコントローラ」、「DSdec R3b:2次分」の製作と、ようやくですがDSdec R3を「Nゲージ車両に搭載」してみました。今回、もう1本こて先をBC型(短径2mm)に交換したものを用意し、A…

Desktop Staion「DSdec R3 と R2b の スケッチ書き込みへ」

私の脳みそは、ハード面では良く働いてくれている(と思う)のだが、いざソフトとなると拒絶反応を起こします。コンパイル中にエラーを吐いて書き込み出来ず、このままではせっかくこさえたR3基板も、ブローチにでもするしかなくなるので、深呼吸でもして落…

Desktop Staion「DSdec R3」

DSdec R3基板が到着しました。とりあえず、6枚で記念撮影。作業の安定性を考え、このまま製作作業していきます。 作法は我流です。高度なテクニックや特別な道具は使いません。経験(指先)、根性(我慢)とヘッドルーペ(老眼矯正)で勝負します。※明るさ…

Desktop Staion「DSmain R4 試運転 と R2b」

DSmain R4 到着から2週間、パネルボードの扱い(ケースは・・・?)で少々・・・悩み、結局本体のみで作成する事にしました。1時間で完成。(ふと思って、セラロックも付けておきました。)今回は、DSmain R4での単独運転を試します。 スケッチは、「DSmain R4…

Desktop Staion「製作依頼品 DSdec R2b 到着」

製作依頼した「DSdec R2b」が到着。早速半田付けして動作確認していきましょう。R2bデコーダとスマイルライターを製作。 手っ取り早く、書き込み動作確認として各種ライターのセットアップ(Arduino ISP化)及び、ブートローダの書き込みを試してみます。 動…