CNC2417を発掘、アクリルパネルを加工してみます。

そろそろ基板とアクリルパネルをを発注しようと思いましたが、あちらは春節の休みに突入しておりまして、3週間から1か月位は仕事が溜まっていて時間が掛かりそうです。※それでも発注しておけば、早めに入手できるのですが発注していません。

 

なぜなら、CNC2417を棚から下ろしてきて、アクリルカットを試そうとしているからです。買ったものの、よくわからないので放置しがちですが、必要に駆られると使ってみる気にもなります。

 

数年も放置されていたので、どのようなソフトを使って動かすのか?100%覚えていません。USBメモリーや各所(家・会社)のサーバーを検索するも何が正解かもわからない状態です。ネット検索をすると、CNC2417についての記事が、ほんの少し見つかりましたので、記事にならって見る事にしました。

 

元となるアクリルパネルの図面は既に有ります。DXFのデータをCNCの加工のためのgcodeに変換する為に必要なソフト「bCNC」を入手して動かしていきます。

https://github.com/vlachoudis/bCNC/releases

何を使えば良いのか?わからないので、一番新しいのを入手しました。

f:id:har_amc:20220123222111j:plainベータ版の「bCNC-0.9.14.52-beta-git-exe.zip」を入手しました。

 

 

 

アクリルパネルのデータを取り込み、ネットを見ながら設定するも、完成には至らず。今日1日で一通りの設定(オフセット設定・カット設定)までは出来て、一連の動作をする所までは確認できました。エンドミルを取り付けてスピンドル回転させながら切削の確認をしていくと、まあ上手い事動いていないのが見て取れます。

入門機であるので、モーターの回転数が遅く、標準の設定では切削が間に合わない様子です。1㎜のエンドミルではたわみが見られ、2㎜にすると回転につられて切削線が曲がっていたり。3Dプリンターで作ったパーツで出来ているので、あまり精度を求めてもしょうがないですね。

f:id:har_amc:20220123221922j:plain

とりあえず、回転が遅いのであれば、feed(送り速度)を小さくすれば良いのですが、現状まだ設定場所が掴めていません。暫くは、調査と試運転を繰り返す事にします。

 

 

 

 

今日の様子。切粉が飛び散りますので、下半身だけでも何か箱のような物に納めておくのが良さそうです。

f:id:har_amc:20220123220254j:plain

リミットスイッチを取り付けたほうが良さそうではありますが、十分に注意を払えば無くても支障が無い事がわかりました。

 

上手い事設定さえ出来れば、試作品の製作には使えそうな感触です。

後処理などを考えると、量産にはレーザーカッターの方が良いですね。

 

 

 

年末に発覚!一大事。その2

今年最初の記事は、電車関連では有りません・・・。

 

年末に発覚した腰椎の圧迫骨折ですが、10日経って経過観察で再度レントゲンを撮ってきました。前回は、放心状態?で画面を写して来ませんでしたので、今回は落ち着いて撮影してきました。(第二、第三ではなく、第一と第二の腰椎が正解でした。)

 

 

レントゲンの画像で第一腰椎と第二腰椎の前側上部に変形が見られます。下の第三腰椎と比べると明らかに変形している事が判ります。

f:id:har_amc:20220108221020j:plain

11月末に時点で、骨折無しとの診断でしたので、12月末までの1か月の間の作業で変形した可能性は否めません。

 

 

MRIの画像では、腰椎の変形と共に少し白っぽく見えます。これが新しい骨折の状態を表している様です。

f:id:har_amc:20220108221036j:plain

そして50歳にもなると、第三と第四の間の様な椎間板のつぶれ(すり減り)も見られます。

 

今考えると、自分の腰骨辺りで「ボン!」と直径30cmくらいの爆発が、起こったような感覚とでも言いましょうか?圧迫骨折の感覚が判りましたので、次からは見分けがつくと思います。(いや次は無いです。)

 

私の場合は、骨粗しょう症では無いとの事で、運良くこれくらいの欠けで済んだとも言えます。骨粗しょう症になっている場合は、私の様に2mから飛び降りなくても、尻餅をついただけで腰椎(全体)がつぶれてしまう事があるとの事。最悪は神経に影響を与えてしまい寝たきりとなってしまう事も考えられます。

 

落下事故は問題外ですが、日頃からの骨密度の維持や、転ばない為の筋肉の維持は非常に大切ですね。

 

みなさま、ご自愛くださいませ。

 

 

 

 

 

 

年末に発覚!一大事。

11月末に2m程の足場から転落したのですが、着地後の後ろ受け身で腰部への打撃感は有りましたが、頭部の保護は出来ました。(ヘルメット着用)

あばらや指を骨折した時のような痛みは無く、落下当初の腰部レントゲンでは骨折無しとの診察でしたが、1か月経っても痛みが続くので、MRI検査を受ける事になりました。

結果は・・・、第二・第三第一・第二腰椎圧迫骨折との診断を頂きました。これは重症と言われる位の症状でしょうか?

※今考えると、腰への打撃感は転倒時ではなく着地時の圧迫骨折の痛みだったのかもしれません。落ちると思ってから、受け身をとる間の映像は、記憶から飛んでいます。恐らく、大事と判断した為、脳みそが消去したのだと思います。

 

ネットで調べると、圧迫骨折は完治するまで変形が進行するとの事ですが、骨折していないと思っていた私は、この一か月は冬タイヤへの交換(2台分)や家の片付け等、結構な作業をしておりました。ここで結構腰椎の変形を招いた可能性が有ります。

現在、胴部にコルセットを巻いています。しばらくおとなしくしていなさいとの指示を受けていますので、姿勢を正して生活していきます。

 

 

 

 

 

DS HACX R4応用の為の検討 その3

しばし時間が空きましたが、基板の設計をしました。

 

2.42インチOLEDを基本に、1.54インチOLEDのテストも考えています。

f:id:har_amc:20211226004438j:plain

加えて、HACXのR4及びR1の基板のゲタボードとして使える様に、パターンを追加しています。

その他、いろいろ試せる様に設計してあります。

 

年内は間に合わないので、年明け早々に発注しようと思います。

 

 

 

**********

以下追記

 

スタンダードS用のAC-ACアダプタ用に、入力部とダイオード4本を移植してブリッジを組む回路を追加しました。また、15.4インチOLEDのパターンを修正しました。

f:id:har_amc:20211226235601j:plain

回路図が一部間違っているのも発見し、修正しました。

一応発注可能なデータが出来たと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ふるさと納税 追加(鶴ヶ島市)

鶴ヶ島市ふるさと納税の記念品が追加されました。

  埼玉県 鶴ヶ島市(KATO)

 

今回は、Nゲージのみ5種類です。年内最後になるのでは無いかと思われます。

 

 

G024-21 Nゲージ[飯田線の旧型電車と小さな駅のセット(動力付き)(50000)

f:id:har_amc:20211206231101j:plain

 

 

 

H036-21 Nゲージ[[日本最速のディーゼルカー智頭急行HOT7000系スーパーはくと」車両セット(動力付き)(70000)

f:id:har_amc:20211206231239j:plain

 

J011-21 Nゲージ[フランス版新幹線「TGV Réseau Duplex」車両セット(動力付き)(100000)

f:id:har_amc:20211206231351j:plain

 

 

 J012-21 Nゲージ[美しき日本を駆けるクルーズトレイン「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」車両セット(動力付き)(100000)

f:id:har_amc:20211206231448j:plain

 

 

S011-21 Nゲージ[E353系E233系中央線ダブル線路セット](200000)

f:id:har_amc:20211206231632j:plain

 

 

 

 

「Smile BiDi-Repeater Micro」の製作 その2

しばし時間が掛かりましたが「Smile BiDi-Repeater Micro」の基板が到着しましたので、試験をしていきます。

 

LCD基板も名前だけ変えて製作しています。

f:id:har_amc:20211203010220j:plain

 

 

部品を取り付け動作確認をすると、LDOから煙が上がります。原因は単純明快でLDOの選択ミスでした。

 

3枚組み立てたものの全て失敗して、各所修正の上4枚目の基板を組み立て、動く様になりました。

f:id:har_amc:20211203010611j:plain

f:id:har_amc:20211203010640j:plain

LCD基板については、動作確認用に設置していますが、付けない状態が標準と考えています。

 

 

「MINI」と「MICRO」を並べて記念撮影です。

f:id:har_amc:20211203010729j:plain

アクリルケースは、別途用意しないとなりませんね。LCD基板を除き、内寸W50xD50xH15の空き箱が有れば収まります。

 

 

そして、試運転です。

左側から順に「DSair2」の出力が「MINI」を経由して「MICRO」に入り、「MICRO」の出力は「見るだけ君」に入ります。当然ながらある程度の遅延が発生します。「MICRO」はDCC信号から電源を生成するので「MINI」がONするまでは動きません。同様に「見るだけ君」も「MICRO」がONするまで動きません。

ここで気付いたのですが、「MICRO」はレイアウト裏に固定される事が想定されますので、BiDiをOFFにする為の、SW-ON固定の為のスイッチが必要ですね。スライドSWもしくはショートピンで対応する事になると思います。恐らく後者、ショートピン用のパターンを設けておく事になろうと思います。(ジャンパー線でストラップしてしまうのも手です。)

 

 

故障中の3枚の基板は、ATmega328PかBD6231のどちらか?又は双方を交換すれば復活出来るのではないかと思います。LDOの選択ミスの為に多くの部品を道連れにされてしまいました。

f:id:har_amc:20211203010850j:plain

 

とりあえず動作確認が出来ました。2カ所の修正点と、1カ所の改善点をもって、基板改版をしていきます。

 

 

**********

以下追記

基板3枚のリペアを完了し、正常動作する様になりました。

328Pを2個、ブリッジダイオードを2個、モータードライバーを1個交換しました。

但し、交換手順を間違えたと思われるので、モータードライバーは生きている可能性大です。次に組み立てる時に一度取り付けて、生存確認して見る事にします。