3Dプリンター その4 

以前「スマイルコネクタ Ver.2 (短縮化) その2」で、スマイルコネクターZ(仮称)を提案していますが、実現させる為にはアダプターを作らないと誰もチャレンジ出来ません。

もうお分かりだと思いますが、コネクタ内に挿入する為のアダプターを作成しています。(言い出しっぺの責任で、作成している次第です。)

 

 

とにかく、データ(設計図)が無いと始まりません。既知の技術は極力排除して、初心者になって「SketchUp」に向き合っていきます。

まず、1本線を引きます。赤い線上で1か所(赤、青、緑の交点)クリックして右へ移動しポインタが赤線上にある状態で、数値(10)を入力、すると赤線上に10mmの線が引けます。その他に、2mm、8mmと引いていくと赤線上にそれぞれのポイントを作る事が出来ます。

次は、それらのポイントから、緑線方向に線を引いていき、平面上に必要な形を作ります。線引き作業を繰り返して行きますが、色別で方向(X,Y,Z)を示してくれるので、線の長さと方向をしっかり考えていれば、問題無く作図出来ます。

※線端部と中央にポイントが有ります。それらを使って線を引いていきます。(何とか理解する事ができました。)

f:id:har_amc:20161204233232j:plain

 

 

平面形状が出来たら、それぞれの線で囲われた部分毎に、引き延ばして行くと立体形状になります。今回はこのパターンを出力していきます。

f:id:har_amc:20161204232557j:plain

 

 

STLファイルを読み込み、「Multiply object」で6個同時に出力していきます。f:id:har_amc:20161204232605j:plain

 

 

これが、出力された状態です。ギャップ調整と、テープ表面の清掃(無水アルコールで脱脂しています)しておけば、途中で剥がれることなく出力出来る様です。忘れて剥がれると、こねくり回して悲惨なことになります。(何度も、フュージョンしたり・・・。)

f:id:har_amc:20161204232715j:plain

オッと、 すでにカプトンテープに傷(剥がれ)が・・・。

 

 

左側が裏面(合わせ面)、右側が表になる面です。

f:id:har_amc:20161204232744j:plain

少々、浮き上がって曲がりが有ったりします。 

 

 

2枚を裏面合わせにした物を、コネクタ内に挿入します。内幅は8mmと設定通りに出来ています。

f:id:har_amc:20161204232825j:plain

 一応、形にはなりましたが、もう一工夫が必要であります。

 

基板厚を、1.2~0.8位にする良い方法は?銅板をどう挟んであげようか思案中です。

とりあえず、基板はどの厚さが良いのだろうか?

 

 

 

3Dプリンタ その3

今日は、3Dプリンタ用のデータを作るために、試行錯誤を繰り返しています。

先ず初めに、どうやって作図するのか?という問題にぶち当たりました。

ネットを見ていると・・・。

ここから始める、3Dプリンタ&モデリング基礎知識 - AKIBA PC Hotline!(少しネタが古いですね。)

初心者用の、「3D CAD」や「3D CG」ソフトが掲載されているが、職業柄なのか?CGソフトに相いれないものを感じています。(二昔前の「Strata Vision 3D」を使っていて、寸法で入力出来ない事に、非常にストレスを感じていたものです。)

 

 そこで、無料の3D CADの中から3種類ほど試用してみる事にしました。

1.DesignSpark Mechanical Software

2.Autodesk 123D Design

3.SketchUp

 

インストールしては、「四角を書いて引き延ばし」たり「シンボルを重ねて足したり引いたり」してみます。

 

1.DesignSparkMechanical

 モデルの回転表示の操作感が気に食わない。(そっ、それだけ?!)

 

2.Autodesk 123D Design

 AutoCADLTとは操作性が全く違うので、嫌になった。(また、それだけ?!)

 

3.SketchUp

 仕事で使う、AutoCADLTやJWWの様には簡単には行かないが、チュートリアルのビデオを見て何とか使えそうな気がしたので、これで行こうと思います。

 起動すると、テンプレートを選べるようになっていますので、「3Dプリントーミリメートル」を選んで作図に入ります。しかし、ツールが少なすぎて(よく言えばシンプルで)兎に角難儀しています。平行線すら1発で引けません。何とか形になって来たのが下の画像。

f:id:har_amc:20161203182003j:plain

f:id:har_amc:20161203182014j:plain

少ないツールで、書いては消してを繰り返さなければならない様です。後から「平行線1本」のみを寸法値で足して行くという作業は出来ないので、長方形や円を入力したり、面を数値でオフセット(拡大・縮小)し、要らない線を消していく作業が必要です。表示されている面の中に、消せていない陰線が多数存在しています。(出来上がりに影響は無いので良いと考えているようです。)

 

 

試しにプリントしてみる事にします。ただし、STLファイルを出力させる為には、プラグインをインストールする必要が有ります。

SketchUp STL

 「ウインドウ」ー「拡張機能マネージャー」より取り込むと、「ファイル」内に「Export STL…」が追加されます。

 

 

 

ターゲットが小さいので、プリンター側の変更が必要です。

あらかじめコレを作る為に用意しておいたのが、変えノズルです。標準は0.4mmですが、予備も含めて0.4mm、0.3mm、0.2mmを2個づつ購入しておきました。

f:id:har_amc:20161203185806j:plain

 今回は0.2mmを取り付けています」。

 

 

左下は0.4mmノズルで出力したもの、その他は0.2mmです。右上はスリットを設けてみたものですが、これではだめですね。

底面積が小さいので、剥がれて終了したりと良い結果とは言えません。

f:id:har_amc:20161203174040j:plain

 立てて造形するのはやめた方が良さそうです。ベッドに寝かせての、2ピース構造とか考え直してみます。

 

 

 

 

3Dプリンタ その2

引き続き、3Dプリンタの試運転を続けています。

 

ベッドの保温の為に、梱包材の発泡スチロールを挿んでみました。

f:id:har_amc:20161202225026j:plain

が、依然としてベッドの温度は上がらない。

 

 

ベッドの温度が上がりにくいのは、電源の故障ではないかとテスターであたると、12Vに届かず。ADJボリュームを回してみても電圧は変わりません。

f:id:har_amc:20161202225716j:plain取説を見ても、特に表記は有りません。

 

 

いよいよ故障を疑ったのですが・・・、電源をまじまじと眺めていると。

f:id:har_amc:20161202224115j:plain

パンチングメタルの奥に・・・、切り替えスイッチを発見!

110V側に切り替えると、出力は13v強に・・・。しかし、一番下げても13V強。うーむ、どうしたものか・・・。(12V-20Aの電源です。ある程度流せば12Vになるのかな?)

※いやはや、良く動いていたものだ!動かなければ、早めに気付いただろうに・・・。

 

 

悩んでいても仕方ないので、試運転を再開します。ベッドの温度はみるみる上昇していきます。

PLAで試運転をすると、反りも無く出力出来ます。

f:id:har_amc:20161202224146j:plain

しかし密着が良くなると、ドラフティングテープが剥がれて、犠牲になっています。

 

 

 同じドラフティングテープを手配するのも何なので、200mm幅のカプトンテープを購入しました。

f:id:har_amc:20161202224223j:plain

 

 

ドラフティングテープをはがして。

f:id:har_amc:20161202230533j:plain

ベッド中央上付近にキズが有る、まあ良いか。(気になる様ならペーパでも当てます。)

 

 

カプトンテープを貼ります。

カッティングシートやガラスフィルム同様、空気を抜きながら貼るのですが、ベッドを取り外さずに張るのは至難の業です。

f:id:har_amc:20161202230601j:plain

今回は、テキトーになってしまいました。

 

パラメータをいじって、出力します。

f:id:har_amc:20161202224247j:plain

 どうしても、顎の部分が左側に流れて変形してしまう(左回転で出力の為)のが気になって、パラメータを変えつつ何度も試しております。下にサポート(支え)がないのでしょうがないのです。

 

 

下地の平滑度に応じて、仕上がりも変わります。

f:id:har_amc:20161202224310j:plain

 

今回、中国より輸入した事で、電源電圧に配慮が必要な事に気付かされました。

 

次は、自作データで試しましょう。

 

 

 

駄目押しの、ふるさと納税記念品追加!!

今年は終わりかと思っていたら・・・。またまた、追加されてました。

 Nゲージ5種、HOゲージ1種です。

埼玉県 鶴ヶ島市 (KATO)

 

D-11 Nゲージ[高度経済成長期の通勤輸送を支えた!103系中央線運転セット](30000)

f:id:har_amc:20161129223503j:plain

 

 

E-07 Nゲージ[「ブルートレイン」だけじゃない!東北地方都市の足「レッドトレイン」 運転セット](50000)

f:id:har_amc:20161129223522j:plain

 

E-08 Nゲージ[話題の北海道新幹線!H5系「はやぶさ」運転セット](50000)

f:id:har_amc:20161129223529j:plain

 

 

E-09 Nゲージ[懐かしの国鉄ボンネット形特急485系運転セット](50000)

f:id:har_amc:20161129223513j:plain

 

 

E-10 Nゲージ[迫力のデザイン!西武特急「レッドアロー」 運転セット室内灯付!](50000)

f:id:har_amc:20161129223550j:plain

 

 

E-11 HOゲージ[世界に誇る日本最速の新幹線!E5系「はやぶさ」車両セット](50000)

f:id:har_amc:20161129223539j:plain

 

 

これが、年内最後の更新の様です。

はてなブログに(意図せず)引越し。

 

テストと思って、はてなダイアリーからインポートしてみたら・・・。

完全に切り替わってしまった。

 

なんてこったい。

 

 

3Dプリンタ導入!

AliExpressの11.11セールで、3Dプリンタを購入してみました。中華スペックの安価なモデルです。と言っても日本の販社保証が無いだけで、特に物が違う訳ではなさそうです。

だいぶ時間が経ちましたが、昨日午前中に到着しました。(一部欠品有り。メールしてあります。)


箱を開けると、アクリル樹脂でできたフレーム類と、ステッピングモーターやシャフト類。少々、緩衝材にダメージが・・・。


下段にプリントヘッドやベッド、安定化電源・制御基板にサンプルのABSフィラメント等が入っています。


紙ベースの説明書が無いので、部品を見ながら組み立て開始!フレームを組み立て、ステッピングモーターやヘッド類を取り付け、配線もして行きます。


特に難しい事も無く組み立て出来ました。(後に発見。MicroSDにPDFデータで説明書有りました。)

※説明書読まず。これじゃ、「ソフトウエアの使い方が分かる様に、なる訳無いじゃないですか!」と自分でツッコミいれておきます。


何とか組み上がり、試運転をしていきます。付属のMicroSDにサンプルデータが有りましたが、そのままのサイズで出力すると3時間程かかるとの事なので、0.5倍に縮小して出力していきます。これでようやく30分程になります。

ヘッドとベッドのギャップ調整や、ヘッド・ベッドの温度を調整したりして何度も出力しています。1層目をベッドに付着させるのが結構大変です。付着しても3〜5層まで来ると、角部分が反って来てしまい途中でベッドより剥離して終了。
今の環境では、エアコンの風を受けてどんどん放熱している様子。特にベッドが温まりません。やはり箱(囲い)が必要な様であります。

元々貼ってあったドラフティングテープをやめて、カプトンテープにしてみようかと考えています。


本日の失敗作と成功例(とりあえず出力できたもの)です。ABSですが、55℃という少々低温なベッド温度に付き、反ってしまっているのでしょう。

次は、PLAで試してみます。


機械の方は、何とかなりそうな感じはしています。次はデータを作れる様にならなければ。


本命のアイツ(機械)は、まだ動きを見せず・・・。大丈夫だろうか?

ステッピングモーターを動かす・・・。いや、動いてください。

先週の日曜日に、「Joshin流山店」に注文しておいた、KATOのAssyパーツを引取りに行きました。開店前に着いたので渋滞も無く45分程度で到着。(八千代店は5分でしたので非常に遠いです。)

引取りを済ませてふと思いました。ここ迄来たらもう少し足を延ばして・・・。


30分程で着いたのは、初訪問の「秋月電子 八潮店」


特に、買う物を決めていた訳では有りませんので、せっかく来たので何か無いかと小一時間店内を物色。

ステッピングモーター2種(「SM-42BYG011」と「MDP-35A」)と、ドライバー2種(ドライバーIC「TB6674PG」と「L6470ドライブキット」)を購入して来ました。


ネット上を探すと、先人達の「配線やスケッチ」が見つかるのですが、その通りやっても、何故か上手く動きません。気分で回ったり、回らなかったり。何回も配線し直したり、電源部分の配線増やしたり、電圧上げたり、ピギーバックにしてみたりしても、動画同様には安定して動かないのです。

この回路の場合、正転・反転どちらのスイッチ押しても同方向に回転して、逆転せず。スケッチの問題でしょうか?


※TB6674PGは幾つか昇天し、NANOは2個もだんまり(昇天?)を決め込む事態に。


「2歩進んで、1拍止まって、2歩分戻る」を繰り返して、回転して行かない事が多いです。



一週間格闘していますが、安定して動いてくれません。情けない・・・。