読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

耳の性能

今日は帰宅後、少々耳のテストをしました。
家族を集めて、JASオーディオチェックCDにて聞き取りテストを実施。
20Hzから始まり、25Hzから聞こえ始め、12.5kHzまでは全員クリア。16kHzになった所で、何だか無音に・・・。聞こえない!
子供達と嫁さんは聞こえているみたいです。えー私だけ〜。
そして20kHzとなると、長男は聞こえない様だが、長女は聞こえるとの事!!!若いって素適ですね。

リベンジで16kHzに挑戦。少々ボリュームを上げるとかすかに聞こえました。やっとの事で認識は出来たものの、耳の性能は年相応に低下しているようです。(F131Pは不要だったか?)


昔はこんな事チェックできませんでしたが、小さい頃は聞こえていたのでしょうか?

※そういえば、2WAYスピーカーで試していなかったので、SP変えて再テストを思いつきました。(聞こえないのは、スピーカーのせい?きっとそうでしょう。)

=========

後日SPを、自作F122Wから、SS−A3にてテストすると、16kHzは聞こえましたが、20kHzはやはり聞こえませんでした。
SPの再生能力を気にしておかないと、精神的にショックが大きいですね。
今度は、スィープ信号でもう少し細かく試してみようと思います。