鉄道模型

ロクハンC11にデコーダーを仕込む

前回は、C57にデコーダーを何とか仕込む事が出来ました。 一安心もつかの間・・・、次のお題が・・・送られて来た。 今度のお題は、なっ何と!C11蒸気機関車です。ボディ・・・更に・・・小さいな・・・。 ロクハンA053と並べると・・・・・・、まぁ入らんだろうな。 どうあがいて…

「ワンコインデコーダ for KATO Loco」を試す。その2

「その2」と銘打つ程の内容では有りませんが、カトーのダイキャストをじっくり観察しました。 よーく観察すると・・・、片側は差込のみです。 追記:プラスチック部分の端部が少々盛り上がっています。ダイキャストよりも高くなっていますので、ここでも基板を…

「ワンコインデコーダ for KATO Loco」を試す。

11月10日 記事全体を修正・編集しました。 昨日、「ワンコインデコーダ for KATO Loco」試作基板が到着しましたので、早速作成してみました。 二枚の基板が・・・。 20分もすると、出来上がり。 在庫車両を出して来て・・・、内部を確認。 EF58、EF60、西武E581、…

DSair2の確認

先日、無事にDCCfest2018開催されました。 DSair2の初公開となり、チャレンジキットを支給頂きましたので、確認をしていきたいと思います。 DSair2の確認としまして、各所でレビューが上がっていますが、(私にとって)最重要なのは筐体の収まり確認です。 …

ロクハン 115系1000番台にデコーダーを仕込む。

先日、中古レールと共に入荷していた物ですが、持ち合わせの都合で、取り置きしてもらっていた車両を引き取って来ました。 115系1000番台の、しなの鉄道色と長野色のそれぞれ3両セットです。これにも、デコーダーを積んで行こうと思います。 搭載するデコー…

KiCADを使ってみよう! 「スマイルライターCOMBO」の製作 その3

しばし間が空きましたが、こちらもじっくりと進めています。 関空閉鎖の影響が如実に現れております。今まで3日程で到着していた荷物が、7日掛かってようやく到着しました。(関空の貨物の多くが、成田・羽田に振り分けられているとの事) 今回も、アクリル…

デモ用レイアウトでも作るかな - 2nd!「Zゲージバージョン」

前作は、Nゲージで製作しましたが、持ち運びに難が有る(持ち運べないことは無い)ので、今回の「ロクハンコラボ」に乗じて、Zゲージバージョンを作って見る事に。 先日、ロクハンのショールームに打ち合わせに行った際、「S059 トランクレイアウトミニマ…

ロクハンC57にデコーダーを仕込む。その3

C57はR145より走行可能との事で、近郊のポポンデッタに何か入ってない?と訊くと・・・、R220レールと220の直線にカーブポイントその他が有るとの事、車を走らせ速攻で購入して来ました。 R220ですので楽に走ってくれます。主連棒や連結棒の曲がりで、動輪がロ…

ロクハンC57にデコーダーを仕込む。その2

前回、テンダーのみの集電で動作が芳しくなかったので、釜の方からも集電する様に改造したいと思います。 コンデンサとR242を外すとPAD(+)は切り離されます。 裏面は、PADの際(-側)をパターンカットします。 これでPADは、集電用として使用出来る様に…

ロクハンC57にデコーダーを仕込む。

10月6日に、浅草ロクハンショールームで、DesktopStation主催のDCCイベント「DCCfest2018」が開催されます。 各所で、ロクハンZゲージにDCCデコーダーを組み込む記事が上がっていますが、遅れ馳せながら、私もチャレンジです。 お題は、C57蒸気機関車です…

車載カメラ、積めるかな? その2

詳しい画像が有りませんが、キハ110に積んでいきます。 カメラにはWiFi機能が付いており、結構消費電力が大きそうなので、DCCデコーダーの12Vや5V出力は使えそうにありません。(ファンクションで制御したい場合は、リレーを追加すれば可能かも知れません。…

手動ターンテーブル T140-15(F)

昨年辺りに販売されていました、TOMIXの手動ターンテーブルが再販売になっています。以前は購入しようと少し考えましたが、値段を見て!見送って居りました。 通販サイト テックステーションにて「2018年イベント記念品キャンペーン」として、期間限定販売(…

車載カメラ、積めるかな?

AliExpressで、WiFiミニカメラを買ってみました。 届いた中身は、カメラユニット、バッテリー、USBケーブル、ACアダプタ、カードリーダーと説明書。 カメラ部分の寸法は、8mm角で、制御基板は18mmx50mm程です。バッテリーケーブルとアンテナが出てい…

レイアウトボードと・・・。

今週は、停滞しておりまして基板等には触っていません。 本日、ようやく一仕事しました。 日中は暑かったのですが、庭先でレイアウトボードの製作をしました。 45度カットの突合せは、面倒なのでやめました。 600x450のボードを1枚だけ作りました。 デモ用レ…

DSairを使ってみよう FlashAirの更新と試運転

5周遅れ?位になりますが、DSairを入手しましたので、試していこうと思います。 FlashAirは、海外パッケージ品の16GBモデルを入手しました。忌避項目になっていますが、へそ曲がり故あえてチャレンジします。(中身は変わらない筈と思っています。) 恐る恐…

「オートキャリブレーター(自動(速度等)設定装置)」について妄想

「S88-N」による自動運転のデモをした事により必要性を感じた物に、「オートキャリブレーター(仮称)」が有ります。現状、異なる車両の混在したレイアウトで自動運転をする為には、共通の停止距離で停車する事が必要になるからです。 現在、フジガヤさんの…

鉄道模型市2018で デモ出来ました。(加筆あり)

本日、鉄道模型市2018にDCC電子工作連合の一員として出店(出展)して来ました。 レイアウトボードは、20分程度で組み立てを終えることが出来、試運転も滞りなく済んで実に好調な滑り出しです。 現場にて、S88-N在線検知を利用した簡単なスクリプトを設…

デモ用レイアウトでも作るかな。 その6

土日で仕上げないとなりませんので、まだまだ作業をしています。 銅板を5x20mmに切り出し、適当に曲げてフィーダーを仕立てました。少し柔らかい材料なので、力を掛けると直ぐに変形してしまいますが、そっとしておけば何とか通電していてくれます。 レール…

デモ用レイアウトでも作るかな。 その5 

レイアウト組み込み機器の下準備をしています。 追加でジャンク基板(旧版)を仕立てて、昇圧ポイントデコーダーを4つ作成しました。 ポイント1つに1つのモータードライバーを配置し、個別制御に対応できる様にします。 s88-N Train Detectorには、コネクタ…

デモ用レイアウトでも作るかな。 その4

時間が無いので、部品配置と配線の作業に移って行きます。 レイアウト作成の為に、CADで原寸図を作り、プリントアウトしてきました。 出来上がったレイアウトボードに重ねてみます。当たり前ですが寸法通りです。 線路と各種S88-Nユニットを配置して見る。ポ…

デモ用レイアウトでも作るかな。 その3

本日は、レイアウトボードの製作をしました。 製作だと!TOMIXのレイアウトボードはどうした?との声が方々から飛んでいる気がしますが・・・。 900x600の線路付きボードを持って、電車に乗る勇気は・・・無いです。 これなら、何とか持ち運んでも良いかなと思うの…

デモ用レイアウトでも作るかな。 その2

今の所息切れせず、集中して作業を進めています。 今日は、先日届いた「Nucky式在線検知ユニット」を組み立てました。部品の種類は多く有りませんので、間違いは少ないと思いますが、部品点数は多いので坦々と作業を進めました。 ブリッジダイオード・・・、ず…

S88-N在線検出ユニットの新機構を作る その3

昨日、「S88 Control基板」と「S88 Detector基板」が到着しましたので、基板の組み立てをしました。 Control基板は、パターンカットとジャンパー配線をして一応形になりました。とりあえず試作ですので、センサー側の都合で1から5番回路はプルダウン、6番回…

S88-N在線検出ユニットの新機構を作る その2

基本動作は概ね大丈夫なので、車両に搭載して試験をして見ます。(車両に搭載といっても、磁石側なんですが・・・。) とりあえず、粘着付きマグネットシートを購入して来ました。 ホールICとのクリアランスを確認する為に、 最低地上高の低そうな動力ユニット…

S88-N在線検出ユニットの新機構を作る

現在、連合でリリースしているS88-Nの検出方式は、フジガヤ式(フォトリフレクタ)及び、Nucky式(片ギャップ)の2種類です。片ギャップ式に関しては、単純に電気的に判定をするので誤動作は少ないのですが、フォトリフレクタに関しては、環境光に左右された…

デモ用レイアウトでも作るかな。

DCCに興味を持ったのは、何やらアナログ車両では出来ない事が、いろいろ出来そうだ!?と言う事からです。 中でも、「自動運転が出来る」と言う事が最終目標になると考えます。しかし、実際にはどうすれば良いのやら・・・?、と言うレベルの私ですが、広報活動…

スマイルコネクタZ その4 「WingTAT」の2

スマステ基板の方はひとまず置いておいて、「WingTAT」のコネクタについて、詳細な所を見ていなかったので見ていきます。 「WingTAT」をスマイルコネクタZに対応させる為には、餡子を入れて幅・深さを調整する必要が有ります。TEのコネクタのコンタクトは抜け…

スマステ基板、設計始めました。その7 UART用コネクタ

スマステ基板のUART回路が定まりましたので、今度は基板間の接続に使うコネクタとケーブルの確認に移ります。 5ピンx0.8mmピッチのコネクタが必要です。 事前調査で、JSTのSUR/SUHコネクタでは無いかと目をつけ購入して見ました。 SUHのコンタクト「SSUH-00…

スマステ基板、設計始めました。その6 UARTレベル変換確定。

久しぶりにスマステ基板を進めています。 スマステでは、PIPO X9Sの内部でUART接続する為に、5V-1.8Vのレベル変換をする必要が有ります。最初のTXB0104基板でコケた為、いろいろ試す羽目になってしまっていました。 試しに手配したレベル変換基板たち。(I2C…

スマイルコネクタZ その3 「WingTAT」

先日、電機屋の毎日に於いて「WingTAT」というTE互換品のカードエッジコネクタを手配したとの事。昨日入手出来ましたので、早速確認していきます。 外観に関しては、特に問題になる所は見当たりません。 強いて言えば、差込方向表示をどうするか?という事く…